ラフティングに関する情報が満載!

ラフティングを楽しむ

ラフティングの内容と大会の概要

ラフティングというのは、レジャースポーツの1種で特殊なゴムボートに乗り、川の下流を漕いで越えていうというものです。
このボートに乗るのは4名~6名程度ですので、人数が揃わなければ行うことができないので注意してください。
次に、ラフティングで使用されるゴムボートが岩にぶつかって破れるといったことは少ないですが、手を怪我する可能性があります。
怪我をするリスクを下げるためにも、外側に出ているロープは必ず持つようにした方が良いです。
そして、ラフティングの大会についてですが、国内で行われている大会は数種類あり、共通して参加条件というものがあります。
それが、満18歳以上であることや開催場所で自己責任でレースができるだけの技術があること、大会主催主催者が提示する規則を守れる方と決められています。
また、基本的に18歳未満の方は保護者の同意があれば参加できるケースもあり、年齢別のレースもありますので、年齢差が不利になるということはありません。

熱を増すラフティング大会

ラフティングとは、小型のボートを使用して川下りをするレジャースポーツの事を言います。
急流を下ってスリルを楽しむスタイルが最も人気です。
アメリカで川の探検に木製の小型のボートが使用されていた事が始まりではないかと言われています。
第二次世界大戦後に皮のゴムボートが普及され、現在のラフティングのスタイルが確立され、世界にも人気が広まりました。
ラフティングには世界大会が存在しています。
日本が参加したのは、1999年に南アフリカのオレンジ川で行われた大会が初めての事でした。
日本のレベルは高く、初出場の年には3位に入賞しました。
2009年には、男女チームともに準優勝、2010年には共に優勝を獲得しました。
開催は世界だけではなく、日本の各地でも行われていて、人気が途絶えません。
中でも学生によって、企画運営されている「日本リバーベンチャー選手権大会」が、日本国内では最大級を誇る物として最も注目を浴びています。

Valuable information



2020/7/2 更新

『ラフティング 大会』 最新ツイート

@team_indoor

8月末エクストリーム奥大井大会までの練習 ・ダートを含む15km走。ゆるりと ・坂道、または階段走 ・MTBのギアを軽くしてケイデンス上げて走る練習 水物はラフティングとハイドロは今度カッパCLUBでやるけど、レース種目はカヌ… https://t.co/id2uxpHjGv

18時間前 - 2020年07月13日


@team_indoor

ゆるやま!今後の予定アップデート! ・8月第1週にカッパCLUB実地取材 ・8/29 エクストリーム奥大井大会 プチ取材&レース参戦 カッパCLUBではラフティングとハイドロ楽しんできます! 一年ぶりの奥大井大会もたのしみー… https://t.co/zeHSKxR9Os

1日前 - 2020年07月13日


@gw_kaya

大学生活で一番注力したラフティングは、1人じゃ超えられないような激流に挑み、それぞれが役割を最大に発揮したときに超えられる達成感が最高に楽しい🌞 頭も身体もフルで使わないと命の危険すらあるスポーツだけど、大きな瀬を越えるだけ自信… https://t.co/madmzUXIqK

1日前 - 2020年07月12日


△ページTOP△